忍者ブログ

Mother Talk

バイオリンHPの母ブログ

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とうとう娘がフルサイズのバイオリンに持ち変えました。

バンコクに来る少し前に手に入れた108歳のドイツ製のバイオリンです。

個性的な音を持つので娘が「ツネオ君」と命名しました。

此のバイオリンは唯一バイオリンの中に張り紙がしてあって「B&J soleimporter new york、amaty」と書いてあります。作者も工房名も有りません。修理に出した工房の親方が言うにはこの頃にはドイツ物の工房製或いはマイスター製の物が大量に作られた時代だというのです。恐らくうちツネオ君はハンドメイドでは有るけどそれ程有名な作家の物では無かったのでは?と言う事でした。工房の親方も太鼓判を押してきちんと直して下すったので娘が早くフルサイズに持ち替える日を楽しみにしていました。

でも音も音量も申し分無く、これを譲って下すった方にはお礼程度で良かったのかしらと今でも思います。

ツネオ君は少々気難しい所が有ってなり始めるまでに少し時間がかかる事が多いのですが娘とは最近「あ・うん」の呼吸が出来て来たようなので時々娘が居ない時に「娘を頼むよ!!」ってバイオリンに話しかけてたりしてかなり親ばかですね。^^;

108歳ともなると木も枯れていい感じの色合いにもなってきてますけど、それ以上に新作の楽器に比べて軽いので娘は最近肩こりとか首の痛みを訴えなくなりました。アマティーのコピーなので小振りな印象も視覚的に軽く感じて余りフルサイズに持ち替えたという違和感が無いようにも思えます。

通常アマティーのコピーは音量が無いと言われるようですがツネオ君はかなり朗々と歌いあげるタイプです。この小さいコロンとしたボディーで何処にこんな音を響かせる所が有るんだろうと思いますが。

と、言う事でフルサイズに持ち替えてすぐにバッハの無伴奏パルティータの一番短い曲に挑戦し始めた娘ですがツネオ君と仲良く毎日頑張っています。

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント
[06/17 yumemaru]
[06/16 英華]
[06/10 yumemaru]
[06/10 英華]

最新記事
最新トラックバック

プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード
ブログ内検索

P R

フリーエリア

カウンター

Copyright ©  -- Mother Talk --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ