忍者ブログ

Mother Talk

バイオリンHPの母ブログ

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

早い物で前回の更新から早2ヶ月近くが経っていました。

娘のバイオリンの先生が8/13日に中国から帰国?(って言っていいのでしょうかねえ?)されて娘がコンクールに出れなくなった旨を伝えると、とても先生の方が落ち込んでしまって・・・。

期待もそこそこあったのでしょうか?まあ、娘にはそのように言ってありますが^^;

今日娘のレッスンの前に入っていた14歳の男の子は毎月1回~2回チェンライから飛行機に乗って一人でレッスンに来るそうなんです。

昨年度のタイ国内コンクールの3位入賞者である彼の音はのびやかでダイナミックで本当に良いプレイヤーです。

年齢から言うと彼と同じセクションでコンクールを受けるはずだったので娘は「やばかったなあ~」と苦笑い。

でも流石にチェンライから来るだけあって「練習は半端じゃないから彼は」って先生が言うのです。

なぜなら彼の家は御両親ともに土産もの用の絵を描く仕事をしていてあまり裕福ではないそうなのです。

でもこれだけ子供に賭けるには理由が有って。御両親は本当は芸術的な方面の絵描きになるつもりだったのがお金を得る為に仕方なく今の仕事をしているそうです。

彼には才能と努力を厭わない精神力が有るからその能力でバンコク市内のインターナショナルスクールのフルスカラシップを取って満足に勉強をして貰いたいという御両親の希望が有るのだそうです。

昨年度はオーディションで学校にかかる費用のスカラシップを取る事はできたそうなのですが寮費と食費の負担が重く断念したそうです。

今年は寮費も食費も生活費までも含んだフルスカラシップの取得に成功したそうで近じかバンコクに単身来るそうです。

昨年度はコンクールの本線とコンサートの為に彼の一家は小さな車にぎゅうぎゅう詰めでバンコクに一日係りで来たそうです。全く持って頭が下がります。チェンライからバンコクまでは車で1日もかかるのですね。

先生曰く「彼はとてもシャイで素直なので是非応援しなくちゃって言う気にさせる子なのよ。」なのだそうで。そう聞くといつもぶっちょう面で挨拶もまともにしようとしない我が娘が今身につけるのはそう言う所なのかも知れないな~って考えさせられました。
タクシーで10分の距離でもブーブー文句言う我が娘をこれから再教育だわ!と燃える母でした。^^!

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント
[06/17 yumemaru]
[06/16 英華]
[06/10 yumemaru]
[06/10 英華]

最新記事
最新トラックバック

プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード
ブログ内検索

P R

フリーエリア

カウンター

Copyright ©  -- Mother Talk --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ