忍者ブログ

Mother Talk

バイオリンHPの母ブログ

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週のバイオリンのレッスンに入る前に先生が面白い話をしてくれたのです。

またまたサラ・チャンの話になりますが。

先生が一つビックリしたことが有ると言うのです。

普通バイオリニストって言うと深爪位に爪を短くするものだけど、彼女は爪を奇麗に(先生曰くホステスバリに~)のばしてネイルペイントまでして難曲をバリバリ弾いていたって言うのね。

流石に客席からは爪までは見えなかったけど。

上手い人はそんな事も出来るんだねえ~って妙な納得の仕方を3人でしたのでした。でも皆さんにはそんな事はお勧め出来ませんが。

もちろん先生も私も娘も深爪一歩手前です。

弘法筆を選ばずって、その諺に当てはまるかどうかは分かりませんが、きっと上手い人は弓やバイオリンや爪がどんなでも曲を弾きこなせるのでしょうね。

楽器や道具はあくまでも自分の感性を少しでも表現するのにもちろん良い物を選ぶのでしょうが、でもそれは身に付いた技能が有るからこそ道具を選ぶ事で倍増するのでしょう。

娘が幼稚園生の頃先生のイタリアンバイオリン(かなりの名器)をお借りしていた時期が有ったのですが、娘が弾くと鈴木バイオリンでもあの名器でもあまり差を感じませんでした。^^;

なので、半年位でお返ししましたけど。やはり気を遣いますから高価な楽器が相手では。でも先生には素敵な楽器に触れられる機会を頂いて感謝しています。なかなかうちのようなおてんばな幼稚園児相手に貸して頂ける物ではないと思いますから。感謝

それ以来いつも常常娘に話す事が有ります。

自分が頑張っていたら名器はあちらから「弾いて頂戴!」ってやって来るものだから頑張りがいが有るよね、って。でも相変わらずマイペースな練習振りは変わりませんが・・・。

現在師事している先生は娘のマイペースを「そこがジャスミンの欠点でもあり、何事にも動じない本番に強い秘訣でもあるのかも知れません・・」と言われるのですが、娘のブログを読むと結構動じているみたいですね。^^;




PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント
[06/17 yumemaru]
[06/16 英華]
[06/10 yumemaru]
[06/10 英華]

最新記事
最新トラックバック

プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード
ブログ内検索

P R

フリーエリア

カウンター

Copyright ©  -- Mother Talk --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ