忍者ブログ

Mother Talk

バイオリンHPの母ブログ

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

調整に出していた娘のバイオリンが戻って参りました。駒と魂柱を取り替かえて指盤を少し低くして・・・予定していた上ナットの交換ではなくて指盤を低くする事で弦が指盤に当たらないようにしました。・・・ペグの調整をして弦を替えて〆て63000円。

駒と魂柱を替えると音が変わるので正に賭けみたいな気持ちでいましたが。


実際には大幅な変更と言うよりも今回きらびやかな側面が出てきたと言う嬉しいマイナーチェンジがありました。


このお店では調整や修理にバイオリンを出すとどの弦がその楽器に合うかを弦を一つ一つ替えてみて試してみて教えてくれます。「音が良いのは~と言う弦で、バイオリンとの相性で音の立ち上がり等の反応が良いのは~と言う弦です。」と言うように。

娘のバイオリンには「Pirastro社 オブリガート」でした。


弦のお陰もあって音量アップもきらびやかさも予想していた以上の結果が出たので嬉しい悲鳴です。



今回は予算15万円で弓も吟味して選んで貰いました。


予算が少ない中で良い弓を選んで頂いて。


試奏もしないでと思うでしょうが貸し出しと言う形で送ってもらって気に入ったら買うと言う形式なので通販と言う形でも気にはなりませんでした。プロが試奏して数ある中から選んで、お店と関係のあるプロの奏者が楽器との相性も見てくれるのはアマチュアには嬉しいかもしれません。


数ある中からもちろん選ぶのが正しいのですが手作りとは言え量産品を買う場合は闇雲に数を仕入れて来る業者よりも厳選して数ある中の数本を仕入れてくる業者の物の方が選ぶにも楽だし確実です。

弓と・・・

娘との相性。


楽器との相性。


弓選びは楽器選びよりも難しいです。



弓の如何で右手の技術も曲の完成度も違って来ますから。



心ではもっときちんと弾けるはずなのに上手くできないという場合は弓や弦が楽器や弾く本人と合っていない場合もあると今回は気付きました。


うちに嫁入りしてきた弓は「シッカ―氏」の弓です。


少し軽めに感じる弓ですが60gあるので本当は標準的なんですよね。


バランスの良い弓は重く感じないというのは本当なんですね。



G線の発音が難なくできる特徴があります。吸い付きがとてもいい弓です。




これは昨日誕生日を迎えた娘の誕生日のプレゼントです。



13歳には高いプレゼントだと思いますが。^^;



毎日一生懸命生きてる娘には大判振る舞いです。



本人のプレゼントの希望は筆箱でしたが。これはまたの機会に。だってまだまだ使えるのですから。





PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント
[06/17 yumemaru]
[06/16 英華]
[06/10 yumemaru]
[06/10 英華]

最新記事
最新トラックバック

プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード
ブログ内検索

P R

フリーエリア

カウンター

Copyright ©  -- Mother Talk --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ