忍者ブログ

Mother Talk

バイオリンHPの母ブログ

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近子供を狙った犯罪が増えていますが習い事を一人で通わせているのでとても心配になります。

先日埼玉で中学生が切りつけられた事件はその近郊に住んでいる我が家では本当に他人事ではありませんでした。

気の強い男勝りの我が娘も流石に怖いのでしょう先日のバイオリンの時に「レッスンの後駅まで迎えに来て」コールが来ました。夜勤もある仕事をしているので家にいる時には勿論迎えに行きますが仕事の日には帰りましたメールが来るまで心配でなりません。

大人を狙っていいと言う事ではありませんが子供を傷付けるのは本当に止めて欲しい。母の願いです。
PR
もう11月だと言うのに昨日今日の暖かさは一体何なのでしょうか?

温暖化の一環なのでしょうか。

これはやはりイケません。

イケませんと言えばうちの息子。かの「下町のダルビッシュ」と言われる吉本君と同じ学校に通う高校2年生。

そう言えば本当に吉本君はイケ面ですよ。背もとっても高いし。うちの息子とは大違いでイケてます。

で、うちの息子と言えば「俺ピアノ辞めるわ。」がこの一年の口癖。

毎月月謝払うと「今月は月謝払ったからもったいないから来月辞めるわ。」と。

で、ショパンのワルツ集があらかた終わり、そろそろ本当に辞めるのかと思いきや・・。

・・・6000円のベートーベンの楽譜を買って来やがりまして「これレシート。お金頂戴!!」とこちらものたまう。


辞めるんじゃないのかい?と、喉元まで出かかった言葉を飲み込み、お金を支払う母でありました。

長く続けてると辞めるのが難しいのかもしれないが、6000円もする楽譜を買った日にはこれまた辞められないでしょ。やっぱり、こいつはイケてない。来年は受験との両立頑張ってほしい物です。

ピアノが好きなのでしょうかねえ・・・。



「お母さんあたし初めてバイオリンやってて良かった~と思ったよ!!」

中2の娘が学校から帰るなり制服を脱ぎ散らかしながら、のたまう。

「今日さあ、職場体験の自己紹介文を作るのに特技の欄に何書こうかと考えたんだけどさあ、なかなか浮かばなくって~。やっぱりここはバイオリンって書くべきかなって、さあ・・・で、初めて特技にバイオリンって書いたんだけど。なんか結構格好良いなって気が付いたよ!!^^!」

そんな事でしたか・・・。

母は少々複雑な気持ちです。

明日娘は学校の合唱祭で伴奏を弾きます。

やはり母はせっかくの合唱を落ち着いて聴いていられないだろうな、と。


↑遅ればせながらこんな凄い映像があったので一緒に堪能しようではありませんか。

ビオラと言えばテレマンに代表される古典派の楽曲が有名ですが、バイオリンのような派手なソロ曲は無いという印象でしたがこう言う印象の強い曲もあったのですね。知りませんでした。

ビオラはバイオリンよりもサイズが大きいが故に体にかかる負担も大きいと聴きますがこの弾き手は流石に国際コンクール優勝者だけの事はあり楽器の大きさを感じさせません。

特にビオラは良質なオールドの数に限りがあり楽器との出会いもご縁に頼るか若しくは海外の名だたるオークションに目を光らせて置く事が必要だとも聞きます。もちろん弓も然りでしょう。

ビオラの魅力を遅ればせながら知りました。









芸術の秋。

いかがお過ごしですか?

日中はまだまだ暑いので秋って云う気がしないのですが、朝夕は風や空気感がまさに秋ですね。

以前は秋と言えば大運動会と名打った体育祭や運動会にお弁当をお重にしこたま造り、家族で囲んだものです。梨を持って行くのが我が家の定番でしたね。

しかし、昨今運動会は春に催行されたりで、運動会の存在が薄れつつあります。

うちの息子は春に、娘は秋に体育祭をするので被ることなく助かっていますが。

男子校の上の子の体育祭は迫力があり観ているこちらもはらはらドキドキわくわく。

下の子の中学の体育祭は女の子たちが花を添え、男子は勇ましく。これぞ共学の醍醐味でしょうかね。

そんな中母は秋の強い日差しの中広報の写真撮りで忙しく体もへとへと、おまけに日に焼けてお肌はボロボロ。ま、これも体育祭の醍醐味でしょうか。T_T

娘はへとへとの体でさらにガニ股が酷く・・・でもバイオリンの練習は怠りません?!運動の秋。芸術の秋。食欲の秋。

全ての秋を堪能している子供達です。

体育祭が終わって悲しい知らせがクラスの連絡網で回ってきて子供達は疲かれているのでしょうに夜遅くまで連絡を取り合ってクラスメイトの通夜に参加して来ました。神様は何故彼をお召になったのでしょうか。あたしにはその説明が子供には出来ません。

通夜で自分達自身でサヨナラをする事で消化しようとしていたようです。おお泣きだったようです。この間まで同じクラスで行動をともにしていた人望の厚い男子だったんです。だから彼の為にも皆で「命は大切にしよう」と誓ってきたようです。

この秋は絶対に忘れる事は出来ないでしょう。あたしも親なのでもう一度子育ての原点に戻るきっかけになりました。そして本当にあたし自身もショックを受けています。

聴いて下さってありがとう。



カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント
[06/17 yumemaru]
[06/16 英華]
[06/10 yumemaru]
[06/10 英華]

最新記事
最新トラックバック

プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード
ブログ内検索

P R

フリーエリア

カウンター

Copyright ©  -- Mother Talk --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ